コレステロール

老化による耳の聞こえ辛さは段々聴力が低下していくものの、通常還暦過ぎまでは聴力の衰えをきちんとは自認できないのです。
毎日ゴロンと横向きになったままでTV画面を見ていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などを毎日のように履いたりというようなことは身体の左右のバランスを乱れさせてしまう因子になります。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、糖尿病というようなありとあらゆる生活習慣病の合併症の因子となる恐れがあるのです。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてスモーキング・アルコールの習慣・肥満等のライフスタイルの質の低下、ストレス等により、今日本人に多い病気なのです。
昨今、比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗できる免疫(抵抗力)を持っていない人々が増加したことや、受診の遅れによる集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっています。
結核対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に従って実施されてきましたが、56年後の平成19年からは他の数ある感染症とまとめて「感染症新法」という法律に準拠して実行されることとなりました。
現在のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を設置し、オペ中に撮影できるX線装置を準備するか、そうでなければ近くにレントゲン撮影の専門室を併設するのが常識だ。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の成果により、ワクチンの効能を望めるのは、ワクチンを注射した日の14日後くらいから5カ月間位と言われています。
チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータをみると、大人と比較して若い子供のほうが拡散した放射能の深刻な影響を受けやすくなっていることが理解できます。
環状紅斑とは何かというと輪状、要するに円い形をした紅い色の湿疹や鱗屑など、様々な皮膚疾患の総合的な病名であり、誘因はまさしくいろいろです。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化などの様々な原因が混ざり合うと、インスリンの分泌量が低下したり、機能が悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病します。
HIVを有している血液や精液、女性の腟分泌液や母乳等の体液が、看病する人などの傷口や粘膜部分などに接触した場合、HIV感染の危険性が高くなります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番よくある中耳炎で幼い子どもに起こりやすい病気です。強烈な耳痛や38℃以上の熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が起こるのです。
学校や幼稚園など大規模な団体生活をする際に、花粉症が原因でクラスの皆と一緒にパワー全開で身体を動かせないのは、子どもにとって腹の立つことです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常なら人の身体をガンから守る働きをする物質を生み出すための鋳型ともいえる遺伝子の不具合により発病する病気です。