アルコール

過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、加齢など複数の素因が融合すると、インスリン分泌が衰えたり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。
薬や酒に含まれるアルコール、色々な食品添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する作用のことを解毒といい、多機能な肝臓の大切な職責のひとつです。
ただの捻挫だろうと決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子をみるよりも、応急処置をした後素早く整形外科医に診察してもらうことが、結局は快癒への近道になるのです。
アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が満了してから約4週間後には、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わるという飲み薬もある位、ジェネリックは世界中に知られています。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、4〜5日服薬すれば、一般に8割〜9割の患者さんの自覚症状は去りますが、イコール食道粘膜の炎症反応そのものが完全に治癒したとは言い切れません。
めまいは起こらないのに、強い耳鳴りと難聴のみを何回も繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で呼ぶ場合もあるのです。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も代表的な中耳炎で比較的小さな子供に発症しやすい病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのありとあらゆる症状が発生します。
H17年より新たに特定保健用食品のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促すコピーのプリントが義務となっている。
環状紅斑というのは環状、所謂まるい形状の赤っぽい湿疹など皮ふのトラブルの総合的な名前で、その病因はまったくもっていろいろです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、狭心症に始まる多くの病を誘発するかもしれません。
健康を推進する世界保健機関は、UV-A波の極端な浴び過ぎが皮膚にトラブルを誘引する可能性が高いとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日焼けサロンを使うことの禁止を主に先進国に提案しています。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても必要なエネルギー量のことで、その大部分を体中の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で使うということはあまり知られていません。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体のなかの脂肪の付いている重さを指しており、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出されます。
脂溶性であるビタミンDは、Caが吸収されるのを支える性質が特に有名で、血液の中のカルシウムの濃度を微調整し、筋肉の活動を適切に調節したり、骨を作ったりしてくれます。
体を動かすのに必要なエネルギーの源として速攻で役立つ糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、激しいダイエットではこの2つに代表される体をキープするために欠かすことができない要素までも欠乏させる。